「かなり遠い先の、いつか」

いつもありがとうございます、茶の間です。

 

私の父と母が、毎年必ず足を運ぶ足利のお蕎麦屋さんがあります。

詳しい事は何も知りませんが、

この4月いっぱいで、女将さんが休養されるそうで…

来月からは、お店の名前も変わり

息子さんが入って始められるそうです。

 

昨日、去年は行けなかったので

大将と娘、両親と

2年ぶりにお邪魔してきました(*´ω`*)

 

もう女将さんが

お店に立つ姿が見られなくなると思うと

寂しい気持ちもありましたが、

憧れの女将さんの姿を、心に刻みたく…。

 

12時ちょうど、大将の運転で到着。

さすがA型、約束通り( *´艸`)

店内はすでに満席で、12時10分を過ぎた頃、

奥のお座敷を予約されていた20名ほどのお客さまが、ご到着。

 

入口で、待っていた私たちの席も用意され

何度か来ていたものの、初めてのテーブル席。

蕎麦ちょこにさりげなく飾られているお花が、素敵。

 

間もなくお蕎麦が運ばれてくると、

”いつ以来だっけ?お蕎麦食べるの”と思いながら、頂きます。

ミニ天丼の海老天の

衣しか食べない娘に、「エビも食べなさいよ~」と私。

「塩むすびの方が良かった(/ω\)」

と、ウソ泣き娘。

 

気が付くと、私の天ぷらの衣も

彼女に食べられてしまいました(笑)

 

髪をあまりきちんとではなく、

さりげなくふわりとまとめ、

くるぶしが見えるくらいに着た、黒地にピンクの花の柄の着物の女将さんが

「はい、お待たせ~」

と、お隣の席へお蕎麦を運ぶ。

 

このさりげなさが、素敵(*´ω`*)

 

会話の様子から、

あぁ、このご夫婦もご常連さんなのだ…ということが

伝わってきます。

みなさん、女将さんにやはり、会いに来ているご様子。

 

「またお店に、戻って来るんでしょう?」

お客さんの期待する笑顔に、女将さんの答えは

 

ん~…

だいぶ遠い先の、いつか、かなぁ…

 

さすがはご常連さん。

その言葉を聞くと、一言、

 

そうですか。

楽しみに、待ってますね。

 

盗み聞き…とお叱りを受けても仕方ありませんが…

最後のお蕎麦一口をすすりながら、泣けてしまいました(T_T)

 

そして今回もやはり

食後に母と必ず注文してしまう

蕎麦がきぜんざいを美味しく頂きました。

 

一足先に女将さんを連れて店の外に出た父と母。

両手で抱えるほどのお花を、女将さんへプレゼント。

「えー!何ぃ、泣くよー!」

「だってさぁ、十何年も、お世話になったもん」

そんなやり取りを母としたあと、

忙しい中、女将さんファンの父との記念撮影にも

少し涙目の笑顔で応じて下さいました。

 

女将さん、どんな気持ちで今を過ごしているのかな…

そんな事を思いながら、泣きそうになるのをグッとこらえ

「ごちそうさまでした」と笑顔で伝え

車に乗り込むと、涙がぽろぽろ。

 

沢山のお客さまに愛されたお店と、女将さん。

しばらくお会いできなくなるのは寂しいですが

お会いできる日を楽しみに

私もまた明日から

店に立とうと思います。

 

 

女将さん、どうぞゆっくりしてくださいね(*´ω`*)

また、伺います!

 

 

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ