大将運転で(^ ^)、山川酒造さんへ行ってきました。

 

いつもうちの茶の間を気にかけていただき、

ありがとうございます(^^)

 

9日(月)の定休日、

邑楽郡千代田町にある山川酒造さんへ行って来ました♪

茶の間オススメの日本酒の一つ、”利根川育ち”の蔵元さんです(^^)

 

ねぼすけ女将のいつもの事ですが、

予定出発時刻を1時間過ぎての出発となりました(^^;

 

途中、お蕎麦やさんでお昼を食べ、上手につるんとおうどんをほおばる娘の姿に癒され

楽しいひとときを(^^)

 

スマホのナビを頼りに、山川酒造さんの看板を見つけると

わくわく感が倍増⤴です。

「あった!」

 

通りから少し奥まったところに煙突と清酒光東の文字。

広い敷地内の駐車スペースに車を停めました。

 

引き戸の入り口から店内へ。

「こんにちは」と声をかけると、ニコニコ優しそうな笑顔の女性が。

「伊勢崎下植木のうちの茶の間です(^^)」

と名刺を差し出しながらご挨拶すると、目をまんまるにして驚かれたご様子で。

「まぁわざわざ・・・ありがとうございます。」

 

奥様と挨拶を済ませ、少しお話をしていると、休憩を済まされたご主人と息子さんにお会いすることができ

ました(^^)

 

山川酒造さんは、ペリー来航の3年前、嘉永3年(1850年)創業、現代6代続く酒蔵さんです。

群馬県内では2軒しかない山卸廃止仕込みの酒蔵さんで、5代目の山川さんと6代目の息子さんが

中心となって酒つくりをされています。

元は新潟の柿崎町で漁業をされていたそうで、冬季は海が荒れて漁に出られないことから出稼ぎに出てこら

れ、蔵元で働きはじめたのが山川酒造さんの歴史の始まりだそうです(^^)

20150209_131537

酒米を蒸す大釜。直径は2メートルはありましたよ!

 

5代目の山川さんの丁寧な説明を聞きながら、仕込み部屋などを案内していただきました。

普段では決してみることのできない景色を見て、ひんやりとした蔵内の空気を肌で感じ、

仕込み中のお酒の香りにドキドキしながらの貴重な時間でした。

 

20150209_131729

この渋い後ろ姿は、5代目の山川さん(^^) 仕込み部屋です。

20150209_132459

仕込んで20日になるお酒です。

 

最後に見せて頂いたのが一回り小さい、利根川育ちの仕込み樽でした。

 

山川さんご家族とお会いし、実際の製造過程を見せていただき、感動。

一人でも多くのお客様に楽しんでいただけるよう、頑張らなくちゃ!と意気込み新たに

した大将と女将でした(^^)

 

帰り際、山川酒造さんの代表銘柄である光東(こうとう)の原酒をいただいてきました!

「昨日詰めたんで、まだ一升瓶用のラベルが間に合わなくて・・・」

と、わざわざ4合瓶用のラベルを貼って、持ってきて下さいました。

 

しっかりとした味わいのある、どっしりとしたお酒です(^^)

ぜひ、お楽しみください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ