ちょっと昔、日本の家の中心にあった”茶の間”。
家族が集い、食事をしたり、テレビを見たり…
そんな「ホッ」と肩の力の抜ける空間づくりを心掛けています。

人が集まり、語らい、笑いの絶えない店。
心地よい時間をお過ごし頂けるように、
お料理やお酒をご用意しておもてなしする。
田舎へ遊びに来た時のような、そんな懐かしさすら感じる雰囲気のお店。
それが”うちの茶の間”です。

まずは、最初の一杯を美味しく。

とにかく最初の一杯から美味しく飲んで欲しい!
そんな想いも込めて、お通しはひと手間かけた手料理3種ご用意しております。
その中でも煮物は特に大将が得意な料理の一つで、 ホッとするどこか懐かしい一品。
日頃見慣れた食材も、茶の間で食べると不思議と美味しい。
食べた人がふっと笑顔になれるよう、心を込めてお作りしています。

さぁ、次は何を飲もう?

私たちも大好きな日本酒。
茶の間の日本酒は、どれも思い入れのあるものばかり。
大将が若い頃、バイクのツーリング途中で出逢ったお酒や、 夫婦二人で初めて旅したときに出逢ったお酒など、 どれも二人が大切に思っているものです。
その他、お客さまに教えて頂いて、その美味しさにビックリしたものなど、とにかく私たちが美味しいと思ったものをご用意しています。
美味しいものって、大切な人や友人に教えたくなりますよね?
そんな気持ちで選んだお酒たちです。

気を付けている事は”つかず、離れず”。

「私の笑顔でお客さんがホッとしてくれるなら」と笑顔がトレードマークの看板女将が心を込めたおもてなし。
お客さまが望んでる時には近くに、そうでないときはちょっと離れて目配り、気配り。
心地良い時間を過ごして頂くにはどうしたら・・・?
日々心掛けている事のひとつです。

今夜のおすすめ 毎日更新中!

毎日A4サイズのコピー用紙に、筆ペンで手書きしている”今夜のおすすめ”。
その日に入荷したお魚や、アイディア料理、季節や数量限定のお酒など、女将が一筆入魂!
でご案内しております。